×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

音読で口になじませる!

 音読は、従来の英語勉強法では比較的ないがしろにされがちですが、 本当はとても重要な方法です。音読すると、英語の発音が舌になじむだけではなく、 自分の発音にも慣れて、英語で話す時の自信に繋がっていくからです。

 頭や耳だけで英語を勉強し習得するのは無理な話で、英語は言葉ですから 口を使うことによる始めて会話が成立するのです。スポーツの練習と同じように 英語も練習が必要なのです。つまり、見て聞いて理解しただけでは自分でスポーツ できるうちには入りません。実践できて始めて、出来たと言えるのです。 その練習のうち最も簡単で基本的なことが音読なのです。野球にたとえれば 素振りで、バット一本あればいくらでも練習できます。音読も教材さえあれば いくらでも実施できるのです。

 音読を重ねると気づくと思いますが、理解できていないことはスラスラと 音読できません。自分の理解できる速度で、また、理解できてる文節で途切れた たどたどしい音読しかできないでしょう。つまり、音読が口になじんだと言うことは、 それだけ英語を英語として理解できている証拠なのです。スラスラとCDと同じように 発音できるようになったら、貴方の英語もだいぶ上達したと自信を持っても良いのでは ないでしょうか?

 音読のポイントは、次の3つです。

 @ 音読は、文字、音声、意味の3要素を結びつける。

 A 音読は、文字で表現されない発音、リズム、イントネーション、 息継ぎなどのマスターに役立てる。

 B 音読では、一つ一つの単語にこだわらず、文章全体を理解するよう 文節や文脈の流れに沿って、単語をまとめて把握する。 。

 以上のことを念頭に、あらゆる教材を音読してみましょう!

スポンサードリンク

Copyright © 2007 英語独学勉強法は英語漬け方式で! All rights reserved.
- テンプレートマジック -