×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ただひたすら英語を聞こう!

 言葉を話せない人の場合、その原因のほとんどは聴覚に あると言われています。つまり、彼らは舌、口、喉のような発声器官 に障害があるから話せないのではなく、聴覚に問題があるから話せないのです。

 言い換えれば、聞くことが出来ないから話すことが出来ないのです。 この事実は外国語の習得法についても言えることなのです。ほとんどの日本人は、 少なくとも数年以上は英語を勉強していますが、大部分の人はほとんど英語を 話すことが出来ません。日本語はしっかり話せるのですから、発声器官に問題が ある訳ではないのに、英語を話すことは出来ないのです。なぜ、こういう事に なるのでしょうか?ほとんどの人達は、諦めるか失望して挫折します。 そしてほんの一握りの人達が、英語の壁を乗り越えようと奮闘し、苦しむのです。 ただやみくもに英語の勉強時間を増やすより、今までの勉強法の誤りを理解する方が 英語習得の近道といえるのではないでしょうか?

 「読む」「聞く」「話す」をバランス良く学ぶことが言葉を勉強する上で 重要ですが、全ての基本は先ず「聞く」事です。これが出来なくして次のステップに 進む事は出来ません。英語が話せない最大の原因は「聞く」ことを疎かにしている からなのです。

 さて、ここでの「聞く」にも2つの段階があります。最初の段階が「ヒアリング」 です。ここでは英語を単純に音として捉え、英語の音声として「聞き分ける」事が 出来るようになるまで徹底的に聞きましょう。しかし、間違ってはいけないのが 難しい教材で全く知らない単語が多数出てくる英会話を聞いても長続きしませんから、 多少聞き流しただけでこんなストーリーかなと思える教材の方が良いでしょう。 兎に角、英会話の単語一つ一つを音として正確に「聞き分ける」事が出来るように なるまで反復あるのみです。

 次の「聞く」の段階は、「リスニング」です。英語の音をどれだけ明確に 聞き取れたとしても、その音声の意味を理解できなければ英語でコミュニケーションを することは出来ません。したがって「聞く」事の最終段階はヒアリングではなく リスニングですが、ヒアリングの練習を重ねながら自然にリスニングにつなげていく ように英語を聞き続けていきます。つまり、聞こえた音をそのまま頭の中で置き換えずに 意味を理解するようにならなければ、「英語が聞こえる」と言う段階には達しません。 具体的には、「グッダイ(good day)」と聞こえたのに頭の中で「グッドデイ」と 置き換える作業をしているうちは進歩がないので、聞こえた音そのままの意味を 理解できるまで繰り返し繰り返し聞き続けて下さい。

 するとある時、ふっと「聞こえる」瞬間がやってきます。ここで第1段階が 終了です。

スポンサードリンク

Copyright © 2007 英語独学勉強法は英語漬け方式で! All rights reserved.
- テンプレートマジック -